スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeの検索結果に動画の評価を棒グラフで表示(Greasemonkey)

 YouTubeで動画を探すとき、その動画がどれくらい評価されているかを検索ページで確認できれば動画を探すのに便利だと思ったので作ってみました。

 再生数の高さは必ずしも評価の高さとは関係がないですからね。かといって評価順に並べると、再生数の高い動画が検索の深いところに行ってしまうこともしばしば・・・。

 今回作成したGreasemonkey用のユーザースクリプトでは、評価(高評価/低評価)を数値と棒グラフとで表示することができ、動画の評価の度合いを検索ページから簡単に確認することができます。

 ユーザースクリプトは下記サイトからインストールすることが出来ます。

操作方法は次の通りです。

  1. YouTubeの検索結果のページに一覧表示されている動画にマウスを重ねると、「Rating」というアイコンが表示される。
  2. Rating」アイコンにマウスを重ねると、高評価/低評価の数が数値と棒グラフで表示される。

YouTubeの動画検索結果に現れる「Rating」アイコンにマウスを重ねると、高評価/低評価(likes/dislikes)の数がグラフ表示される

 動画情報の取得にYouTubeのAPIへリクエストを送っているので、最初の一回は評価が表示されるのに時間が掛かることがあります。動画ごとに評価情報を取得する必要があるので、最初から各動画に評価を表示するような設計にはしていません。

 なお、GreasemonkeyFirefoxにユーザースクリプトを追加するためのアドオンです。使い方が分からない方はGreasemonkey入門 ~よくわかるグリースモンキーの使い方 ~を参考にしてください。

 ちなみに、評価の情報は「http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/動画ID」のAPIから取得しています。このAPIからはXML形式のデータが返され、その中のgd:rating要素が評価の情報に相当します。

<gd:rating average='4.7222223' max='5' min='1' numRaters='1512' rel='http://schemas.google.com/g/2005#overall'/>

 このデータ上では評価情報は高評価を5(max)、低評価を1(min)としたときの平均点(average)で表されているようです。numRaters属性の値が評価の合計のようなので、高評価/低評価(likes/dislikes)の数はそれぞれ下記のように表されます。

  • likes = (average - min) / (max - min) * numRaters
  • dislikes = numRaters - likes

 動画の評価以外にも、YouTubeのAPIからはいろいろな情報が取得できます。YouTubeのユーザースクリプトの開発などに興味がある方はYouTubeのData APIのリファレンスガイド英語版)などを参考にするといいです。

プロフィール

Author: 醤黒燈

電波が作った電波ブログ。

最近はタオルケットをもう一度、東方弾幕風にはまり中。現在画力向上訓練中、その他プログラミングとかいろいろ。

ちなみに名前は「じゃんこくとう」と読む。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

タグ一覧

カテゴリ一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。